Img_140c0f5a090642dcccde3dd8d0405017f93a889d
サンセットの反対側に見た月
Img_58a315f55f6fde8578b843d44fae4150d49fbd62
ベルベルの宴
Img_634fae1674a8766f9104fbc36156e50d30f50860
朝日も美しい
思った以上に乗り心地の悪い
ラクダにまたがり数時間。

辿り着いた砂漠のキャンプで
各国から参加したツアー客が火を囲む。
民族楽器に合わせ、独特のリズムで
歌い踊るベルベル風の宴。

仲良くなったカップルから飲ましてもらった
ウイスキーが効きすぎて
輪を離れ、一人砂山に登り仰向けになる。
太陽のように明るい満月と
その圧倒的な月明かりに邪魔され
存在感の薄い星を眺めながら
これまでの旅を振り返る。

出会った人。
嫌だったこと。
楽しかったこと。
感謝したこと。
美味かったもの。
まずかったもの…。

その忘れ難いひとつひとつの記憶を
神経質に思い出そうとしていると
二つ目の町、
タンジールの回想で早くも眠りこけ、
腕を這うフン転がしの様な
群青色の見たことも無い虫に起こされた西山です。
腕の裏には小さなぶつぶつが。
気持ちわるいけどまあいいか。

残念ながらここは本物の砂漠ではない。
いわゆる体験版サハラなのだ。
砂漠の入口。所詮一泊の弾丸ツアーでは
これ以上先へは
時間的にも、体力的にも進めない。

二泊三日で行くと言っていた
今朝出会ったあの旅人は
明日、さらに砂漠の奥に進み、
本当のサハラを体験するのだろう。

いつかまた来よう。
インドの砂漠も圧巻だと
シャウエンで会った旅人に聞いた。

だけど今日ラクダの上から見た
絵に描いた様なサンセットの
反対側に見つけた大きな月の美しさは、
極度に忘れっぽい自分でも
忘れることはないと思う。

物覚えのいい人が羨ましい。

多分自分は人より忘れっぽい。
自分で体験して感動したことだけが
記憶に残る。
人の話やなんとなく過ぎる日々は
申し訳ないほど
記憶の彼方に隠される。


フィルムで写真を撮る楽しみを
トリコーヒーの店主に気づかされてから
弱い記憶力を補う方法を手に入れた気になった。

一生懸命に撮った写真を見ると
覚えているはずもないことまで
細かく思い出せる。

今回の旅では
人を撮りたいと思った。
助けてくれた人や助けてあげた人。
世話になった人。一緒に過ごした人。
タバコをくれた人、あげた人。
できるだけ、話した人みんなにカメラを向けた。

だけどもモロッコの原住民、
ベルベルの人達は
写真を撮られるのを極端に嫌う。
魂が抜かれるとか、
旦那への気遣いだとか
日本人の自分からは
理解できない何かがあって、
写真を撮るとその瞬間、
自分は加害者になる。

とても嫌がられる。
大きな声で怒鳴られる。
金を出せと言ってくる。

シャッター音が大きいのも問題だ。

だから、ローカルのモロッコ人を撮る時は
交渉するようにした。
だけど、ほとんど断られる。
タバコをあげたり、飴をあげる。
お金を払う。物を買う。
買収するようで気持ちが悪くて、
気分が重かったけど
少しだけ撮ることができた。

そんな中で撮った写真だから
ちゃんと写っているかわからないけど、
暗くても、ピントがなくても
写真を見れば写っている人を、
情景を思い出せると思う。

今はカサブランカ駅近くのホテル。
早朝の電車で空港まで行き
荷物を無くしたマラガまでフライト。

荷物を無くして心細かった西山に
言葉の全く伝わらない状況の中
絵を描いて色々心配してくれた
ホテルのおばちゃんの写真を
この旅の最後の写真にしようと思う。



稚拙な西山の文章と写真を
読んでいただけた方に
心から感謝します。

帰ったら一生懸命、仕事します。
Img_834e6d4af54d2bf45f6a37fd2b1761891d890b92
見たことも無い景色が次々と
Img_d90d89bf94222c7a8aaede3470e887f34bdf6ee5
これこそがアイト•ベン•ハッドゥ
Img_10e31b6f4433894b8fbcad09458b1965a809c98d
消防団(笑)のベルベル人ガイド。ありがと
サハラ砂漠の入口の町、
ワルザザードの西33kmにある
アイト•ベン•ハッドゥの土産屋で
買ったばかりのベルベル染のスカーフを
くわえたタバコの火の粉を落とし
炎上させてしまい
ベルベル人3人掛かりで消火活動。
頭からかけられた水で
一時I Phoneが使用不可状態に陥っていた西山です。

マラケシュ•フナ広場の喧騒から
一夜明けた早朝、
薄暗いホステルの一階で
鳥の餌のような朝飯を食べている時に出会った旅人。

今から砂漠に行くとおっしゃる彼に
それは羨ましいなどと
これまでの旅の話を交換する。

時間があれば行きたかったよと西山。
一泊の弾丸ツアーもあるらしいよと旅人。
何?それは本当か?と西山。

彼を迎えにきたガイドについて行ってみると
うまいことに、ひと席空いているらしい。
う〜む、明日の夜にはカサブランカに行かないと帰れない。
明日の夜帰ってこれるそうだが
現地の安ツアーだけに心配だ。
でも後で後悔もしたくないので
急いでホステルに戻り、
一泊分無駄にするけど
5分で荷物をまとめチェックアウト。
カサブランカへの夜行列車があることを祈りながら
大きな4WDに飛び乗り一路砂漠へ。

マラケシュから車で12時間。
4000m級のオートアトラス山脈を超え
ドアラ渓谷を抜ける。
窓から見る景色はカメラの
もどかしいフィルム交換の度に
その姿をドラマチックに変える。

スペイン語とフレンチ、英語と
4ヶ国語を話すモロッコ人ドライバーの
運転は
ガイドブックにあるとおり、
殺人級の危なさ。
ガードレールの無い渓谷のカーブを
スピードを落とさず突っ走り
追い越しは当たり前、
中に乗るベネズエラ人の女性は
途中何度も吐きそうになっていた。
反対車線に膨らむカーブでは
トラックとぶつかりそうに。
列車の心配より運転が心配だわっ…!

途中、名所を見学しながら
タジンを食べ、
スカーフを燃やし、
休憩を挟みながら
命からがら砂漠の入口、
ザゴラという乾いた大地が広がる
これぞアフリカ!な町に着く。

すでにラクダ達は
上に乗る客人を座って待っている。
初めて間近でみるラクダは
涙を流し、少し切ない気にさせる。

太陽はだいぶん沈んでいる。
疲れた身体と巨大なザックの重みを
哀しいラクダにどっと預け、
砂の世界へようやく歩き出す。
Img_fac098580d7a4a1dd6f185decefd29a62b29c8ee
7時間の長旅も旅人と話していると苦ではない
Img_38384b8aa0d69e2d686b413ab9996d52be3c1891
煙吐く屋台のケバブは美味
Img_19d1280b8008c0d2e201897994b5578b311bd8fe
こいつに捕まった
フェズから7時間、
列車に揺られようやく辿り着いた
モロッコ最大の都マラケシュ。

その中心地にある、
かつての公開処刑場
ジャマア•エル•フナ広場で
大道芸を見物するモロッコ人の輪の中に引き込まれ
芸人と掛け合いで
コーランの一説を叫ばされる西山です。
拍手喝采、足元に小銭が投げられ
図らずも大道芸を
体験することになった。

このフナ広場、夕方になると
タジンやケバブの屋台が白臭い煙を吐き出し
妖艶な大道芸人や
怪しげなまじない師が人の輪をつくる。
深夜まで鳴り止まない
馴染み難い独特の
変則パーカッションと歌、
ちっぽけな蟻のように行き交う
人々のごった煮。
埃っぽくて冷たい空気に
肉とムスクの匂い。

狂気のお祭りである。
毎日こんな事をしているなんて
どうかしてる。

だけど楽しい。

満月が浮かぶ夕暮れのグラデーションに
シャボン玉やネオンのついた竹とんぼのようなおもちゃが飛び交う。
バイクや馬が人をよけようともせず走る。
ケバブを食べた屋台から出た瞬間
向かいのかたつむりスープ屋が腕を掴む。

止まることなく打ち続ける民族楽器のビートに
ねちっこく絡むようなアラビア民謡。
そのすべてが
長旅の疲れを打ち払い
強引に気分を盛り上げてくる。

フナ広場のすぐ近くにとった
安宿のベッドで
広場の狂気の音を
薄い壁越しに聴きながら
無性に味噌汁が飲みたくなる。
Img_dabff5b24174e6902c4bfda24e08b0a243a11af8
こいつのせいで…
Img_84c01933c1e8f97cad97a1c61e5e6c8a76cacd62
1000年モノの寝床
Img_7eb0543a8df8f00710a0f523f8fe7772f776e59e
こちらはローカルの市場
フェズの巨大迷路の中、
細い路地で突如現れたロバを避け損ねて体当たり。
みやげ屋のタジン鍋を割り
売値より高めの金額でふたつ買い取らされた西山です。

さすがに観光名所。
次から次に大型バスが
メディナの入口、ブー•ジュルード門に横付けされ、
ヨーロッパからの旅行客を飲み込んでいく。

西山もさっそくメディナへ入ってみることに。

1000年前に造られたと言われるフェズのメディナ。
何度も補修され、色を塗り直された壁や道を見ると
9世紀の古都が今もそのまま層となって蓄積され
当時のまま利用されていることがわかる。
メディナの中はいくつも道が別れていて
ガイドブックの地図は役に立たない。
細い路地には時折、
唯一の交通機関であるロバや馬が糞をしながら
荷物を運んでいる。
この交通機関、
停止どころか徐行もしないので
歩行者が素早くよけないといけない。
普段はのんびり歩いている魔法使い達も
この街では身のこなしが軽やかだ。

メディナの中にはざっくりと
貴金属のスーク(市場)、衣類のスーク、
香辛料のスーク、職人家具のスーク、
真鍮職人のスーク、そしてレザーのスークなどに
ブロック分けされている。

このレザーをなめして染色するのが、
メディナの一番端にあるスーク•ダッバーギーン、通称タンネリ。
まるい染色桶が並ぶ作業場を
屋上から見ることができるんだけど
あんまり臭いので
登る前にミントの葉をもらって鼻に当てる。
カメラをセットする間はどうしてもガードできず
さっき食べたケバブを吐きそうになった。

ひと通り迷いながら少しの買い物をし
メディナから脱出するとなんだかお腹いっぱい。
もうフェズはいいやって気になった。
何だろうな。モロッコに慣れてきたからか、
感覚が鈍くなってきた気がする。

タジンにも飽きたし(クスクスは好きでない)
気分が、何かこう、ゆったりしすぎている。
今いるこのカフェにも気づけば2時間。

身も心もモロカナイズされるのも時間の問題か。

明日、列車のチケットが取れたら
ここからかなり南へ7時間。
いよいよ最後の目的地へ。
モロッコの代名詞的な大都市
マラケシュに行ってみようと思います。

あとプラス2日あったら
サハラ砂漠まで行けるのになぁ。
と淡い夢を抱き南へ、南へ。
Img_b1d00455447b7c59b113da6c0c10ca9ab2feab1d
見かけによらず奥深い味のケバブ
Img_085c7ffa7997cf4ecb5cb45296d6420b325a466e
ホステルに長くいすぎて絵にかかれた旅人(まだいる)
Img_0b10d35a52370398fce9d65a4ee2eefd9863100b
また訪れたい町シェフシャウエン
シェフシャウエンを後にし、
(民間バスの劣悪さが身に染みたので
今回は数100円高い国営バスをチョイス)
途中休憩の名もない小さなオアシスで
羊肉とスパイスのミンチを焼いて
硬いモロッコパンに挟んだ雑なサンドの
意外な旨さに感動している西山です。
シェフシャウエンでは、
沢山のバックパッカーと出会い、行動を共にし、
はじめて荷物を体から離す勇気が持てた。
やっと気持ちも体も重さから開放された。こりゃ楽だ。
鍵はもちろん、扉もない共同の部屋。
二段ベッドが6つもひしめく部屋の安心は
お互いの信頼で守られる。
リュックに鍵はかけるけどね。
10年間も世界を旅するイギリス女性や
こんなに神秘的な町にいるのに
一日中リビングのカウチで
ラップトップと向き合うベジタリアンのギリシャ男。
しきりに一緒にハマム(モロッコのスチームサウナ)に行こうと
誘ってくるひょろっとした オーストラリアのゲイ男。
スペインから遊びに来た緩くて軽いイケメン学生3人組。
それぞれ色んな旅のストーリーがあり
笑ってしまう話や危険に直面した話を
数えきれないほど持っている。
彼らは、数週間単位で町を移動し
数カ月単位で国をまたぐそう。
砂漠や南•北極、高いところ、低いところ
未開のビーチでのエロな話、
スタンと名のつく国々を言葉なしでヒッチハイクで横断した話…。
英語がもっとできれば、きっともっと笑えただろうけど
楽しかったし、みんなで作った
ベジタリアンフードがうまかった。(自分のために米も炊いてくれた!)
お気楽すぎて、いつまでもここにいてしまいそうになるので
別れもそこそこに、予定通り(荷物事件のせいで1日ロスしてるけど)
次の目的地、世界一の迷路の街、
フェズに向かうことにします。