Img_8574c43bdd19c043fcc02b77061e3ffe
秋ですね。
一年は長いようで短い。
しかし、春までは果てしなく長い。そんな気持ちです。
あおぎ見たり振り返ったりしながらも、
ちゃんと足下も見て過ごしていけたらと思います。
何が言いたいかって、とにかく今年こそは
羽毛布団を出すのと衣替えのタイミングを間違わないようにしたいです。

11月22日(金)より12月1日(日)まで
グループ展「秋の終わりと冬のはじまりの日に」を開催致します。
秋と冬の境目の中途半端だけど気持ちの良い日を過ごす為の
家でも外でも使えるアイテムを4人の作家さんにお願いしました。
皆様が心地よくこの季節を過ごせますように。

---------------------------------------------

グループ展
「秋の終わりと 冬の始まりの日に」
11月22日〜12月1日

早起きをしてベランダで朝のまだ冷たい空気を感じる。
薬缶に火をかけて濃いめの珈琲を飲む。
外の風を感じれる程度に厚着をして散歩にでかける。
空が高い、枯れ葉を踏む音、石油ストーブの香り。
そんな秋と冬の間の一日を過ごす為のものたち。

出展
のなか ふき子[まきもの]
つるようこ[パンツ]
ウチノ ヨシエ[くつした]
みとま[ルームシューズ]

※11月25日はグループ展期間中ですが定休日の為、お休みいたします。
※個展最終日、12月1日(日)は19:00までの営業となっております。

---------------------------------------------