猛暑猛暑、足下がペタペタする。

まずはお伝えしなきゃいけないのが、お店の名前が変わったこと。
こんにちは「喫茶と空間トーリ」です。
気分転換のようなものなんですけども
願わくば今後、喫茶の枠を飛びこえてひとつの空間として活動できるようにという思いを込めて。
よろしくお願いします。

10年来一緒に仕事をやって来たアニキ分が先日、米国に旅立っていった。
毎日を同じ場所で過ごして僕らはここ数年でお互いにやりたいことができた。
彼は本をつくり、僕はお店を始めた。
何かを決定して動くことの意味、できることとできないこと。
たぶんそれを知りたくなったのだと思う。
ほうっておいても季節は巡るが
知り得たことが今後の糧になるような、もしくは笑い話になればいい。

猛暑猛暑。
徘徊堂さんの古本市は8月11日まで続きます。
実家から大量のタマネギとピーマン、その他の野菜が送られてきたので
開店当初に出していたレシピで
友達や良くしてもらってるお店の人とカレーパーティーをした。

さらにもってきてもらった野菜や果物とあと梅のジュースとか
あとは楽しい会話や扇風機の風とか。

容赦なく照りつける太陽が夜の帳に引っ込んだ隙に決行した
暑すぎる夏へのささやかな抵抗みたいな食事会。
徘徊堂さんの古本市終了いたしました。
がらんとした本棚が祭りの後のような寂しさ。
今回も見応えのある品揃えで楽しませていただきました。
ほんとずっとこんなでもいいなぁ
徘徊堂さん、いつもありがとうございます。

さて、今日は盆。実家のある鳥取に帰省中。
親戚の初盆の読経をいつもの和尚に読経してもらい
夜の墓参りまですることがないので父母とドライブにでかけた。
車窓越しにみる風景は記憶の中の地元とそう大差がない。
特に目新しいものもなく、古いものはより古びて
どこからか煙のにおいがする。

毎回そう、自分の記憶を確かめるような帰省だ。
山を見て川を眺めて、忘れないように土産を買って。
また明日からの福岡の日々に備えよう。