Img_7f23b81e6c3f6b8705a226dab6501b0856a33167
やっぱり藤井さんの曲はいいな。
聞いてる最中もいいけど、終わったあとにもじわりじわりとくる。
そう思えるライブをいつもありがとうございます。

人集まってもらってだらだらと演奏して笑って
気がついたら良い時間になったりしてて
こういうことをするのが実はお店を始めた一つの理由だったりします。

また、やりますよー。
次回のイベントもその次のイベントも
静かに進めています。
一緒に楽しんでもらえたら幸いです。
毎朝毎晩、寒くってしょうがないです。
先日の藤井さんのライブでようやくストーブをだしました。
古い石油ストーブで火をつけると少しだけ煙が出て例の香りが鼻にくる。
部屋が温まるより早く香りは広がり
夜なら立ち上がった炎が影をつくってまるで山小屋にでもいる気分。
それを助長したくって店内の照明も少しだけ暗くしてみたり。

さて12月4日よりiloitooのお二人による
「グアテマラの手仕事 色と糸展」がはじまります。

色彩豊かなこの国に魅せられた2人が
マヤの血を引く現地の女性たちと共に紡いだ
バッグ、巾着、ストール、帽子など。
色鮮やかで美しいグアテマラの手仕事をお楽しみください。

12月8・9日は「グアテマラの端切れ市」も開催しますよー。


------------------------------------------------
「グアテマラの手しごと〜色と糸展〜」
12月4日〜12月16日

中米に位置する自然豊かな国グアテマラ。
マヤの血を引く先住女性は未だ脈々と受け継がれる
伝統織物を身にまとい日常生活を送っています。

生活に喜びを与え自然と調和する色彩豊かな色と糸。

そんな手仕事のあるグアテマラでilo ittoの二人が出会い
現地の女性達と共に紡いだモノづくりをお楽しみください。


------------------------------------------------------------------------------------------
iloitoo(いろいとー)
2011年3月、グアテマラの繊維を使った
オリジナル小物の制作を開始。
2012年4月より8月までグアテマラに滞在し
現地の人たちとの生産体制を確立。
「流行に左右されず、ずっと使い続けたいシンプルなもの」をテーマに
生活に色と喜びを与えてくれるもの作りをしています。
------------------------------------------------------------------------------------------

Img_4abf0d3468fa8c09d40b0e3ad60fc2080f34c99e
Img_f40704761480522d16f8c729aa4aae81d812e5e4
Img_c6ade6dc421fe2f185c613339815c283fce0c904
Img_92ad54e3e7ace1701c1021b8ed6ac278fa059fbb
iPadが冷たいのだ。膝に乗せるとアルミの背板がひんやりとする。
冬仕様のもこもこしたケースみたいなのはないだろうか。
たぶんあるだろうな、でもそれは犬や猫に服を着せるようでちょっと考える。
だってアルミの友達は2012年にはまだ早い気がするから。

それはそうとお店を始めて依頼ずっと模様替えを繰り返している。
重い棚の中身を出して移動し、机の位置を何度も検討し椅子を入れ替え
取り合図は落ち着くのだけれども数ヶ月もすると完璧にあきてしまう。
同じくお店をしている知人にそのことを話したところ
「私たちは終わりのないことをしているのだから当然」との答えが返ってきた。

終わりのないこと…その響きに頭をクラクラさせつつも
その場でも「うーん」とか嘯いたのだけれども実感は数週間後に来た。
なるほど、変化を受け入れることとそれに対するリアクションで
環境も理想も変わるものなんだろうな、
周りが変化し続ける限りリアクションである模様替えも終わらんわな。

悔やまれるのはそのときもっと事実を柔軟に受けいれられなかった自分。
今一歩遅い自分への戒めをこめて今夜はストレッチをして寝るとする。
柔軟ってことで。
Img_b1a247ceab0491f95c7a2d89feeab0475b0ebf64