最後にドアを閉じられてどのくらい月日を重ねただろうか
今ではもう使われていないその部屋は家具も景色もあの時のままだった。

白い壁に淡い紫で縁取られてた窓枠からは柔らかな日がさし
窓を開ければあのころと同じように街の香りを孕んだ風を呼び込む事ができる。
窓際の机にのこされた便箋の上にはオレンジ色のボールペンが一本、
ひとさし指と親指でもちあげると窓からの光にてらされた埃が
小魚の群れのように空中を舞った。

最後に二人にあったのは商店街に冬の間だけ出店する大学芋屋だった。
芋屋あなどるなかれ、なかなかの人気でちょっとした列が出来ている。
最後尾に立つとふいに後ろから声をかけられ、振り返ると二人の顔。
まだ本格的に寒くなる前だというのにしっかりとダウンジャケットを着込み、
それぞれ薄紫色の袋をもっていた。
近々、遠くに引っ越すことになったので、餞別を渡したいが
予想せずここで出会ったものだから、いま手元にこれしかない。
と、いって渡されたのは古い外国の地図だった。
その後世間話や無邪気な冗談が続き、
結局、なぜこれを手元にもっていたのか、引っ越し先と関係があるのか?
という質問は会話にあがらないまま大学芋を買う順番がまわってきて、
じゃあ、と二人に別れを告げた。

大学芋を片手に自分の部屋に戻りしばらく地図を広げてみていたが
聞いた事もない地名ばかりで国を想像する事も困難だった。
やがて飽きて机の引き出しにしまい込み、
ついに数年後の今日まで思い出す事は無かった。

きっかけはなんだったろうか、天気のせいかもしれない。
なかなか暑さがひかなかった夏がようやく終わり、
10月を残すところあと数日にしてようやく訪れた秋の空には
どこまでも途切れずに飛行機雲が続いている。
家に帰ろうとぼんやりしていたら最寄りの駅を乗り過ごし隣の区まで来てしまった。
どうせ家に帰ろうと予定もないと、気まぐれで降りた駅から
記憶を辿り彼らの過ごしていたアパートを探す。

かつて学生街だったこの街は、大学の校舎が移転となり今では人通りもまばらだが
それでも古くからの商店は今も軒に明かりを灯している。

信号をわたり、目印の中華料理屋の隣に今もしっかりとあのアパートは存在していた。

階段を上り、三番目の扉を前にし迷う事なくドアノブに手をかけたそのとき
誰かに声をかけられた気がして振り向くと、表札がわりの鯨の形をしたオブジェと目があった。
「やあひさしぶり。」

瞼の奥に広がる知らない街の景色。


-------------------------------------------------

以上はフィクションです。好きです大学芋。
遅ればせながらsowaleの企画展、TWELVE LETTERS終了いたしました。

ハイライトはなんと言っても12の物語が添えられたカレンダーの朗読会だったように思います。
只松さんと清水さんの掛け合いと西村さんの音楽が混じり合い、
良い意味での緊張感がある素晴らしいライブでした。

sowaleは今年頭に福岡からベルリンに移転になりましたが
こういう形で繋がることが出来てとても嬉しく思っています。
遠くは離れたようでいて、より近い場所にいるような感じさえあるので人間の心は不思議ですね。
じゃあ、またねと言ってと福岡を去った只松さんとは、
近所で散歩しているとばったり出会ってしまいそうでもあり、
ひょうひょうとしていつも先の楽しいことを考えながら、今を楽しむ只松さんの行動には
目が離せそうにありません。
今後もこんな楽しい日々が続きますように。

お越し下さった皆様、sowaleの只松さん、
詩の朗読会で参加していただいた西村周平さん、清水藍子さんに心より感謝申し上げます。
Img_3c60f61ee814f6361f8df2a3dd8dccc3
展示会の様子1
Img_0bcc1d04f71c0d0280055c5967154425
展示会の様子2
Img_57a2abde99fe4223d39b16a47831f925
ベルリンから持ち帰った古いものたち
Img_ba29303d42c9e9d733a5228be9c8105f
ソワレのオリジナルステーショナリー
Img_455eb6817588007cc22a2f0b5bf7b6be
展示会中は只松さんが毎日チェキで様子をおさめてくれました
Img_ff6a3e0ff50f36974c0c3d0ea4a98e19
朗読会の様子
Img_ebeff59452102275e22a74a882e3db6a
朗読会に参加していただいた清水さん、西村さん
Img_3ef26f0d718e847b434e1ae4f5c5bec3
詩の自動販売機窓口 1000円を投入すると数分後、詩が出来上がるシステム
Img_fc5355a2c05fbb90ca4d983fd1fec72a
馬場通友さんが朗読会の様子をイラストで書いてくださいました
Img_8cd6e4cd404ebb8f68bec5112793dc0e
展示会後、岐阜旅行に