Img_8dcaaf7b7247c96a5f05c2a2d1f98c99
ようやく気温も下がって来たのですが、声だかに冬を宣言するにはまだ早いような気がしています。雪が降るか降らないか、皿を洗う指の先がじんと冷えて、手先に息を吐きかけるそんな季節まではあと一息です。

AOのエプロン展、終了いたしました。
普段エプロンをつけるひともつけない人も、手に取ってみていただきたいと思い開催しました。

年始企画展「My Dining」の際にお菓子会をしていただき、その際にエプロンをつけたAOさんこと中西さんがとても格好よくみえたことがこの企画展の始まりでした。
聞けば太い首紐におなかの部分をゆったりと布をとり、首で支えないかたちは、もともとは実家にあったエプロンをもとに自分用にと、肩の凝らない毎日使うように改良を加えたものとのことでした。
今回の企画展でお買い上げ頂いたものも、どんどん使っていただき
日々の生活に役立て頂ければと思います。

会期の前半には食事会のテーブルを囲んで大皿から料理をとっていただく形式は、僕ら的にしてみればちょっとした挑戦でした。
知らない人同士が肩を並べることになるので、
始めはお互いに(もちろん僕らも)遠慮や緊張があったように見えたのですが
時間が経つにつれて柔らかい雰囲気になっていくキッチンからみえる景色はとても良いものに思えました。

メニューはこちらです。

鶏と大根のスープ
小芋と牛蒡の唐揚げ
海老と長芋の春巻き
蕪と蓮根とブロッコリの白味噌ドレッシング
ひじきとニラのマリネサラダ
豆腐と蕪の葉の和え物
椎茸と白葱の生姜バター焼き
人参の炊き込みごはんのおにぎり
白いおにぎり

AOさんには前日から仕込みをしてもらい、僕らもそれを指をくわえてみていたのですが、最後に余分に作っていただいていた分をもらい、美味しさや空腹のワナワナから解放されてそこでようやくほっと一息つけました。改めて美味しい料理を作る人はすごい、みんなで食べることは美味しい、心からそう思います。
無理をいってわざわざ京都からおいでくださったAOさんには感謝の言葉しかありません。口を大きくあけてワハハと、気持いい笑い方をする方です。
食の大事さや作る過程、それにまつわるエプロンを始めとする賢い道具たち。そんなことを実感させられる展示会でした。

エプロンをお買い上げくださった皆様、どんどん使って日々の料理を楽しんでください。
この度は「AOのエプロン展」にお越しいただき誠にありがとうございました。



Img_a12d1166e077fe4bb8b27fe35eeafd20
Img_6066fa97499f4a473141e6f8f036bf01
ローズマリーブルー
Img_88339567ef06bc19e25cbebf307fa25d
ウール生地 防寒用に
Img_f1e7a655b9eb4acfe6b426aa1d06f0c0
無事に産まれたようです。おめでとう。
Img_f3d8ab9afd264549e07620151d14dbcc
Img_6891e4efa300c6efec962e93909e732b
食事会にて
Img_70dda3e0081373d64bfe877c5fafd915